【キッチンカーやテイクアウトも!】飲食業界フランチャイズ特集


人気の飲食系フランチャイズ

数ある業界の中でも、飲食ビジネスは常にフランチャイズ業界で人気を誇っています。
飲食業界の事業規模は25兆円超。(飲食店飲食サービス業・2020年時点・経済産業省調べ)
しかし、ひとくちに飲食業界といっても、その形態は様々です。

・外食:家庭外で調理されたものを、食堂やレストランなどへ出かけて食事すること。

・中食:外食と内食の中間。スーパーやテイクアウト専門店で購入した食品を持って帰って家庭内で食事すること。もしくは、デリバリー等で配達された食品を家庭内で食事すること。

・内食:家庭内で調理された食品を、家庭内で食事すること。

成長する中食産業・回復する外食産業

このように3つに分けられる飲食の形態ですが、中でも中食産業は2010年頃から成長を続け、2021年時点で市場規模10兆円を超えています。
その背景には、共働き世帯や高齢世帯の増加により、食事の用意が困難な家庭が増えたことが挙げられます。
さらに2020年以降は、新型コロナウイルス蔓延の影響で多くの人が長い時間を自宅で過ごすようになったため、テイクアウトやデリバリーの需要が拡大し、中食産業が成長したと考えられます。

一方外食産業は、新型コロナウイルスの影響で一時低迷しました。
しかし2022年5月時点での外食産業全体の売り上げ高は、コロナ禍以前の2019年比では約5%の減少はあるものの、前年比では20%増まで回復しています。
客数で見ても前年比約12%増となっており、業界全体で段々と盛り返してきています。
(2022年5月・一般社団法人日本フードサービス協会調べ)

フランチャイズなら低リスクで開業できる

そんな飲食業界ですが、閉店数が多いのも事実です。
開店後2年以内に閉店する店の割合は、全体の6割を占める結果となっています。(株式会社シンクロ・フード調べ・2014年~2016年の統計)
その原因は、立地・味・ブランディング・集客方法など様々です。

しかし、フランチャイズでの飲食店開業なら、本部のサポートの下で開業できるため、個人で0から開業するより成功率が高まります。
直営店を複数展開してきた実績により味が保証されている飲食ブランド、優位な物件を優先的に紹介してもらえる飲食ブランド、店舗数のスケールメリットにより格安で原材料を仕入れられたり、簡単オペレーションにより人件費を抑えられるブランド、さらには、本部が大がかりな集客施策を行っており、店舗ごとに販促に大きな費用をかける必要がないブランドもあります。

フランチャイズ本部にインタビューしてきました!

今回は、数ある飲食系フランチャイズの中から、「探す!フランチャイズ」おすすめの4ブランドをご紹介します。注目のテイクアウト型のフランチャイズや、キッチンカー型フランチャイズ、行列のできる店舗型フランチャイズなど様々な飲食系フランチャイズを集めました。
各社のインタビューから、ぜひそれぞれの強みを知り、あなたにぴったりのフランチャイズ本部を見つけてみてください!


【コロッケのころっ家】

モノマネ界の重鎮コロッケが満を持してコロッケ屋開始!
こだわり食材を使った本格コロッケで食卓に笑顔を届けます。

コロッケのテイクアウト専門店「コロッケのころっ家」フランチャイズ本部インタビュー

▶「コロッケのころっ家」の収支モデルや加盟要綱など詳細を見る


【SHARE THE SOUP(シェアザスープ)】

低リスクで開業!
安心・健康・美容に向き合って開発された、シェアしたくなるスープ

「SHARE THE SOUP(シェアザスープ)」フランチャイズ本部インタビュー

▶「SHARE THE SOUP(シェアザスープ)」の収支モデルや加盟要綱など詳細を見る


【香川一福】

ミシュラン ビブグルマン3年連続受賞!
「このうどんを自分も売りたい」そう思わせる美味いうどんあります!

讃岐うどん「香川一福」フランチャイズ本部インタビュー

▶「香川一福」の収支モデルや加盟要綱など詳細を見る


【湯浅醤油唐揚げ専門店 あじむどり】

こだわりの湯浅醤油に漬け込んだ唯一無二の商品力!
長期安定経営を目指すならあじむどりへ!

「湯浅醤油唐揚げ専門店あじむどり」本部インタビュー

▶「湯浅醤油唐揚げ専門店 あじむどり」の収支モデルや加盟要綱など詳細を見る