京都利休の生わらび餅

株式会社ワクガ幅広い年代に愛される「わらび餅」で成功を掴む!
和菓子屋をコンセプトとした今話題のフランチャイズ 

京都利休の生わらび餅とは

『京都利休の生わらび餅』は和菓子屋として、最高Aランクのわらびを使用したスイーツを提供する「わらび餅カフェ」です。
年間200kgしか採れない希少価値の高いわらびを選び抜き、ほかにはないとろとろ食感と上品かつ豊潤な味わいを実現しています。

また、『京都利休の生わらび餅』はデジタルマーケティングを取り入れた和菓子屋です。
時代がアナログからデジタルに変化していく中で、街中で見つけたおいしそうなお店に入るという行動から、まずはインターネットでおいしそうなお店を見つけてから実際に店舗に行くといった形で消費者行動も変化してきております。ですので、メニューをおしゃれに組んだり、写真の撮り方を工夫したり、デジタル上でバズらせる戦略を意識してインターネットでの認知獲得を目指しております。

始めたばかりのビジネスでまだまだ成長途中ですが、将来的には「和菓子といえば利休だよね」と全国で言われるくらい事業を拡大させていきます。

京都利休の生わらび餅の強みとは

『京都利休の生わらび餅』は、わらび餅をそのまま販売するだけでなく、クレープやラテなど季節・流行に合わせて商品を開発している点も特徴です。10~20代には流行の商品で注目を集め、30代はお土産やリフレッシュできる空間、40~60代は憩いの場など年代に合わせた訴求を行い、幅広い層から支持を集めています。

また、『京都利休の生わらび餅』が主軸としている和菓子業界は、老舗はもちろん、若者も楽しめる現代風のお店を展開するなどさまざまな工夫を凝らしており、老若男女問わず長年親しまれています。
今流行りのわらび餅ドリンクをメインで打ち出ししておりますが、あくまでもわらび餅ドリンクは認知してもらうための武器だと考えております。流行りの食べ物で認知していただき、和菓子屋としてリピーターになっていただく戦略です。
ブームに頼るのではなく、和菓子屋を基盤としながら最新のマーケティングを取り入れることで、飽きさせない事業展開を叶えるビジネスです。

未経験でも開業可能

商材はセントラルキッチンから直送されるため、どなたでも簡単に生わらび餅の味を各店舗で再現することが可能です。また、サポートも充実しているため、業界未経験でも安心して開業いただけます。

低資金での開業が可能

ロイヤリティや加盟金等もお安く設定しており、飲食店の中では低資金での開業が可能です。また収益性もよく、2年以内の投資回収を目指せます。

副業としての開業も可能

店舗スタッフを雇うことで、ご自身は別の本業を持ちつつ、副業として開業することも可能なビジネスとなっております。

インタビュー公開中!

探す!フランチャイズでは、「京都利休の生わらび餅」のFC本部 株式会社ワクガ 一ノ瀬様にインタビューを行いました!
京都利休の生わらび餅ならではの他社との違い、実際に加盟されている方の特徴など、ぜひご覧ください。
▶詳しくはこちら

基本情報

初期投資目安 100万円
標準店舗坪数 5坪~15坪
開業前研修 生わらび餅の味を各店舗で再現できるよう、商材はセントラルキッチンから直送されます。未経験の方やアルバイトの方でも簡単に調理できるため、専門の職人を雇う必要がありません。開業前には担当SV(スーパーバイザー)による研修もあり、実店舗でも研修を受けられます。経験がない方以外に、飲食業界のブランクがある方も、スキルを高めてから店舗に関わるため不安なく取り組めるでしょう。
開業後支援体制 『京都利休の生わらび餅』は、店舗開発や施工、開業支援、マーケティングなど充実のバックアップ体制を用意。開業前だけでなく、開業後も商品開発や集客支援、数値管理、販促作成などをサポートしてくれるため、事業成功に向けてスムーズに動き出せます。
店舗数 直営1店舗 加盟店6店舗

収支モデル・契約内容

収支モデル
仕入原価 518,222円
人件費 513,410円
その他経費合計 422,721円
営業利益 396,440円
その他
契約内容
契約種別 フランチャイズ
加盟金 100万円
保証金 50万円
ロイヤリティ 固定10万円/月
契約期間 5年
契約更新料 50万円
契約内容/その他

このフランチャイズの説明会・セミナー

説明会・セミナーを絞り込む

次の10件を見る

本部概要

株式会社ワクガ

代表者 渡辺 大河
資本金
年商
設立年 2022年
URL https://kyoto-rikyu.jp/
所在地 東京都千代田区九段北1-6-7岡部ビル5階
電話番号 03-6380-9888
FAX番号