カラダファクトリー 株式会社アビセス 代表取締役 湯沢 勝信様(10店舗経営)

加盟動機

カラダファクトリーの他のフランチャイズさんの会計顧問をさせていただいておりました。
内容や業績を見させていただき、なかなか良いビジネスだったので、「私どもも参加させていただけないか」とお願いしたのがきっかけです。

多店舗展開の動機

1店舗目を始めるときというのは結局、自分も素人で、社員も皆素人。5人で始めました。2店舗目の時はスタッフがいますからね。
だからポイントは「人」の問題で、やる人がいて、カラダファクトリーのビジネスモデルがあって、そして良い場所さえあれば、条件は揃います。
「人」さえ育っていれば問題ない。
他のサロンと違う特徴が非常にありますし、ノウハウもあるし、サービスのレベルも高いですから、そういう意味で3拍子揃っていますしね。

多店舗展開の成功要因

人事交流ですね。ある店で例えば、店長が売上をあげたとすると、そこにいる下のスタッフ達を動かしたがらない。
動かしたら売上が落ちると思い込むからです。しかし、そういう風にしていると売上が硬直化します。
店舗を多く持っていると人材が豊富に抱えられるというのが一番大きいメリットです。
モチベーションを上げる方法としても、定着させず、店舗展開していきお互いに刺激しあう、情報共有化する、
そういうことができるようになって、更に組織としてまとまり、売上も安定してきました。

検討されている皆様へ

税理士として仕事をしていると、よくお客様から何か儲かるような良い仕事はないか?というご相談を受けます。
残念なことに、世の中で新しいビジネスを起こされる方の、だいたい8割方の人は、あまりうまくいかない。
約2割くらいの方しか成功することができない。つまり新しいビジネスを起こしても確実に成功する率というのは2割程度です。
世の中の8割が失敗する中で残りの2割である成功するビジネスを見つけるのは、なかなか難しいです。
それからまた、一旦成功したとしても成功を持続していく、これもまた難しいですよね。
成功したビジネスに対しては色んな人が真似してきますから、価格の競争が起きたりとか、数の点で競争が起きたりとか、そういった事になるわけです。
そうした中で、カラダファクトリーのビジネスというのは私が知る限りでは、その2割の中に確実に入るビジネスであり、尚且つ10年間もビジネスが続いているわけですから、安定したビジネス、つまり永遠に続けることができるビジネスではないかなと思っています。