マイスターコーティング 市川店オーナー渡辺様

前職を教えて下さい。

前職は、メーカーの販社で住宅設備機器の販売を約8年弱していました。

7年、8年務められて、なぜ独立を考えられたのですか?

50を過ぎた時の自分の立場を考えた時に、リストラになる可能性がゼロではなかったのと、大手の子会社なので潰れる事は無いと思うんですけど、なんか組織に依存しているというのも嫌だなと考えてました。年齢的にも転職がきかない年齢ですし、どうしようって考えた時にフランチャイズかなというのが理由です。

色々なフランチャイズがあったと思うのですが、なぜ「マイスターコーティング」だったんですか?

焼き鳥屋やたこ焼き屋などの飲食も考えていました。でも、色々調べていると、やっぱり辞めちゃうとか潰れちゃうとか、ネットに書いてあったりして、家庭もあるので失敗も出来ないなって思いました。
そんな中、マイスターさんのサポート体制が大きかったですね。フランチャイズとはいえ、ほぼゼロからのスタートで、看板をあげればお客さんが来る訳でもないですし、受注になる訳でもないので、テレアポ代行等のサポートは大きかったですね。

独立される時、ご家族の反応はどうでしたか?

反対はありました(笑)でも、フランチャイズで勝負するっていう思いを伝えました。今後のことを考えて、今の会社にいるよりは良いのかなーっていう結論になり、苦渋じゃないですけど、家族は付いてきてくれたって感じですかね。

研修はどういう感じでしたか?

今思えばですけど、ちゃんとやっていれば良かったなと思います。やったことないことをやらされるじゃないですか、難しいから出来るかな~、失敗したらなんか言われそうだな~とかで、躊躇したりしてました。
それで「やりたい人?」と言われても手を挙げ無かったりとか(笑)ちょっと逃げてたなっていうのがあったので、ちゃんとやるべきだったと思います。
今はちゃんと出来ますけど、もっと早く自分のものにしたかったと、ちょっと後悔してるところがあります。研修してくれた方には本当に感謝してます。

開業当初のお気持ちってどんな感じでしたか?

「もうやるしかない、やってやるんだ!」という気持ちと、不安もありました。サポートがあることは分かっていましたが、開業したての素人に毛がはえたようなもので、すぐにお仕事頂けるとは思ってなかったので、自宅でひたすら練習していました。

現在の活動状況等を教えてください。

現場と営業が半々くらいですかね。営業は開業当初に比べると減りました。時間が短くなったというのでしょうか。サボってるというか(笑)。やっぱり開業当初はやる気に満ち溢れていて、やってやろうっていうのがあったのでガンガン行ってやろうっていうのがあったんですけど、最近はそうでもないです(笑)。今は要領よく営業できているから時間が短くなったってことです。

※マイスターコーティングフランチャイズ加盟店募集公式ページより抜粋